舌 白い 舌苔 原因 治し方

舌が白い 舌苔の原因と治し方

お越しいただいてありがとうございます。

 

このサイトでは舌が白くなる原因や治し方
舌苔について解説しています。

 

 

舌が白くなってしまう原因はいくつかありますが
一番多いのは細菌や食べ物のカス等が残ることによって起こります。

 

舌の表面は普通は柔らかいため
細菌が入り込んだり食べ物のカスが挟まったりということはありません。

 

でも、呼吸疾患や消化器疾患などにより舌が伸びて固くなり
そこに食べカスが挟まり細菌を発生してしまうことがあるのです。

 

この舌が白い状態が続くと、口臭の原因になってしまいます。
嫌ですね汗

 

 

舌が白い状態を治す簡単な方法としては
まずは細菌食べ物カスが原因であると考えて
しっかりとした舌歯ブラシなどで磨くことで解消することができます。

 

 

呼吸疾患や消化器疾患がある場合は?

 

呼吸疾患や消化器疾患がある場合は、
それらを治すことで舌が白い状態を脱することができます。

 

ただ、病気等による薬の影響で、唾液が少なくなることにより
口の中の細菌が増えるということもあります。

 

抗生物質なども同じく、唾液が少なくなるという副作用がある場合あります。

 

ですのでこういった場合は、水分補給を心がけたり
薬をやめれば元に戻ることもあります。

 

 

こういった感じで何が影響して白くなるのかを知れば
原因に合わせて対処して、治す対策を立てることができます。

 

これって病気に限らずですよね。

 

 

このサイトではそれぞれについて詳しく解説しているので
まずはしっかり原因を探るようにしていきましょう。

 

 

舌苔について

 

この舌が白くなるのを舌苔(ぜったい)が舌についた
と表現することもあります。

 

 

白や黄色、黒色の苔状のものが舌に張り付いて見えるからです。

 

上記で述べたことと同様に
舌苔(ぜったい)もいろんな原因が考えられるので

 

わかりやすくこのサイトでは解説していきますね。